<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< メタマグ鈍足化 | main | 鯛Lover! >>
■Automatic



どうやら午後から雨っぽいので午前中限定で弥栄ダムへ行ってみました。
湿度が高いですが、ひんやりして上着が無いと寒いくらいです。
魚探の水温計が壊れているので手で確かめたところ、水は冷たくはありません。
ということで珍しく小瀬川上流を目指す事に。





小瀬川筋に入って直ぐのオーバーハングで35位のが釣れました。
ルアーは先日手に入れたB-HIRARA。





JKの娘に選んで貰ったカラーです。
春にフラットサイドで釣れてから、何気に毎釣行フラットサイドを投げてます。
潜行深度は1メートルほど。
今年はなんだかジグなんかで深いところを探るのが嫌で。
釣れなくても浅いレンジばかりやってしまいます。





しばらくB-HIRARAで遊んだので、今度はクリSで。
少し濁ってたので目立つカラーで。
しかし、サイズが・・・





試しにB-HIRARAに戻すと直ぐに釣れます。
しかし、やはりサイズが・・・





天気のせいか、水面が騒がしいのでトップを投げてみると、直ぐに反応がありました。
しかし、サイズが・・・





最上流はゴミだまりで行けないので引き返しました。
ハードルアーばかりと決めてたのですが、そういえばエスケープツインを買ったんだと。
3/16ozのシンカーでテキサスを撃つと釣れました。
しかし、やはりサイズが・・・
ちなみに人生初のエスケープツイン。
名作だと言われますが、少しやっただけでは全くわかりませんでした(笑)





こうなったら割り切ってコバスと遊ぼう!
ということで極小クランクのショットで一本。
たぶん、本日のミニマムです。
10センチ位しかなかろう・・・





その後も更なるサイズダウンを目指して巻き続けましたが。
結局、雨が強くなって撤収となりました。





ちなみに本日のタイトル「Automatic」は、先日、目出度く出産された宇多田ヒカルさんの名曲。
釣行中に、ふと「B-HIRARAは、まさにAutomaticに釣れるな〜」と思ってしまってから
ずっと名曲のさびのフレーズがループしていましたから(笑)

B-HIRARAですが、私にしては珍しくハマったノリーズクランクです。
ロッドとスピナベはノリーズしか使いませんが、クランクはあんまり・・・
フラットサイドでなければ手に入れてないと思いますが、大正解でした。
レイダウン等の回避能力は正直、高くないです。
枝なんかに、直ぐにスタックします。
そもそもフラットサイドにそんなことは求めていませんが。
とにかく普通に投げて巻くだけ。
それで十分に魚を引っ張ると感じました。

コバスばかりでしたが(笑)


タックルデータ

トップ
RR VOICE HB560L
アルデバランmg
GT-R Nspec HM 20lb

クランク
RR VOICE HB511LL
アルファスSV
マルチゲームナイロン 14lb

テキサス
RR VOICE 680MH
07 メタニウムmg7改(ノーマルギア)
フロロマイスター 14lb
| - | - | バス〜弥栄ダム〜 | 09:12 |
■スポンサーサイト
| - | - | - | 09:12 |