<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< GIANT Escape RX3 | main | 親子でまったりポタリング >>
■スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | |
■ESCAPE RX3 バックミラー取り付け


自転車に取り付けるバックミラーを手に入れました。
BUSCH&MULLER(ブッシュ&ミューラー) CYCLESTAR サイクルスター 901/3 サイクルミラー

自転車にバックミラーなんて中学生かよ!って突っ込みは私もわかります。
先日までそう思ってましたから(笑)

自転車に乗るまで知りませんでしたが、道路交通法改正後、自転車は基本的に車道を走るように決まっているようです。
しかし実際に走ってみると、片道一車線で交通量は多く、歩道はあっても路肩に余裕がない。
後ろから来る車には邪魔もの扱いされるし、僅かな路肩は凸凹で走れたものじゃない。

まあ、非力な私が車の流れに乗り続けられないのが悪いんですが(笑)

ということで、せめて後方確認でもし易くとバックミラーを手に入れたというわけです。




早速取り付けてみましょう。
まずはハンドルグリップを外します。
下から見上げると端っこに六角ボルトが見えます。
ミラーに付属していた六角レンチで緩めます。




エンドキャップはマイナスマイナスドライバーを差し込んで外すと傷だらけになります。
緩めたハンドルグリップを抜きとると、自然とキャップも外れます。




ミラーの取り付けベースをハンドルバーに差し込みます。
・・・途中から入りません(泣)
ハンドルバーの内径は17ミリ以上無いと、バーエンドには取り付け出来ません。
しかし、事前に測ったところRX3は17.5ミリ程度ありました。
でもやっぱり入りません。

多分、バーの内径が途中から少し細くなってるのかな?




無理矢理ねじ込んでましたが、どうにも埒が明かないので別の取り付け方をしてみました。
なんかオートバイみたいで格好良いような・・・いや、これは原付バイクのミラーっぽい。
悪くないのですが、この位置だと乗車時に脇を広げて、下から覗くようにしないと見え難いです。
う〜ん、どうしよう・・・




これが問題の取り付けベースです。
多分、先端の樹脂パーツが引っ掛かってる。
※写真は加工後のものです。




樹脂ならば削ってみようホトトギス。

まずは600番の耐水ペーパーでゴシゴシしましたが、なかなか埒が明きません。
一気に粗い100番でゴリゴリやってみました。




上手く入るようになりました。
何度かフィッティングしながら削ったほうが良いですよ。
やり過ぎるとスカスカになると思います(笑)




ミラー本体を取り付けて完了です。
しかし、ミラーとベースを連結するボールエンドがちょっと緩い気がします。
実際、走行して弛まなければ良いのですが・・・
まあ、これで少しは後方確認もやり易くなるでしょうし、恐怖感も和らぐと思います。

以上。




追記です。
夕方試乗してみましたが、特に緩みやぐらつき等は無く、いたって快適でした。


| - | - | 自転車 | 12:00 |
■スポンサーサイト
| - | - | - | 12:00 |